流行りの外装材を学び 住まいと長く付き合う

サイディング材の種類とそれぞれの特徴

サイディングを取扱っているメーカーは様々な種類を取り揃えています。サイディングの種類は材質によって分類でき、それぞれ特徴が異なります。最も多くの建物で採用されているのが窯業系サイディングです。

窯業とは粘土やケイ砂等の非金属原料を用いて高熱処理してセメントや陶磁器、レンガ等を製造する工業のことです。窯業系サイディングの主原料になるのはセメントで繊維質材料を加えてから成型して作られます。

カラーバリエーション豊富だが耐凍害性に劣る

様々なデザインやカラーバリエーションの製品があるため個性的な建物を希望している方に支持されています。他の人とは絶対にかぶるのが嫌な方からも人気が高いです。商品の種類が豊富なため、予算に応じた価格帯で選べるのも最大のメリットです。しかし、寒冷地向けの商品ではない場合は、耐凍害性が劣ってしまうため注意が必要です。

サイディング素材に応じて使い分けを

寒冷地では金属系サイディングが人気です。金属系サイディングは、アルミニウムやステンレス等の鋼板が使用されています。軽くて耐久性に優れているため、長期間メンテナンスの必要が少ないのが大きなメリットです。水分を吸収しない鋼板製の表面のため耐凍害性にも優れています。現在は、様々なデザインが登場しているため、窯業系サイディングと同様に個性的なイメージがお好みの方にも最適です。

木質系サイディングは天然木に塗装をして仕上げているため、本物の木の優しさを実感できる特徴があります。当初は見た目がとても良いものですが、メンテナンスを怠るとあっという間に劣化する可能性が高いと言われています。

樹脂系サイディングは、日本ではまだあまり馴染みが薄いサイディングですが、アメリカでは耐久性に優れた外壁材として注目されています。劣化しにくい材質で耐凍害性にも優れている特徴があります。シーリングを使用しない工法のため、定期的なメンテナンスの手間が大幅に省けるメリットもあります。

コストと特徴を理解して最適なものを選ぶ

また、長期間使用しても色褪せがほとんどないため、塗り直しの手間もかかりません。サイディングの種類によって特徴だけでなく価格も違いがあります。建物のイメージやランニングコストも考慮しながら、最適なものを選択しましょう。

サイディングは、板状の外装材を貼り付けた外壁で近年の主流の工法です。外装材にはアルミ、スチール、セメントな材質が使われますが、サイディング外壁の共通する部分として、外装材の隙間(目地)を埋めるシーリングの存在が挙げられます。

参考:外壁素材の種類と特徴

参考情報サイト
外壁塗装110番
外壁塗装110番

このサイトでは各サイディングメーカーの説明と主要商品の特徴・価格について解説しています。
あなたの住まいにピッタリの外壁材知識を身に付けて家と末永いお付き合いをして下さいね!

記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ